« ごはん | トップページ | おしごと »

こねた

Sca3c0484

僕はまだその頃バカであることに気づいてないほどバカで、
師とこの店で過ごした貴くも重い時間を無駄にしていた。

そんなバカを静かに微笑んで見ていた師は、今この世に居ない。

まったく追いつける気がしないです。

|

« ごはん | トップページ | おしごと »

こねた」カテゴリの記事